ウイルス対策 シスコシステムズ

「セキュリティに自信がある」は45%、ランサムウェアの被害額3400万ドルに

攻撃者がますます巧妙かつ大胆で執拗な攻撃を始めているために、世界各国で自社のセキュリティ対策に自信を持っている企業や組織は、全体の45%にとどまっていることが分かった。

 米Cisco Systemsは2月19日、サイバー攻撃の脅威と動向についてまとめた年次セキュリティレポート「Cisco 2016 Annual Security Report」を発表した。攻撃者がますます巧妙かつ大胆で執拗な攻撃を始めているために、世界各国で自社のセキュリティ対策に自信を持っている企業や組織は、全体の45%にとどまっていることが分かった。

 企業は自社のセキュリティ対策に自信が持てなくなっている一方で、経営陣の92%が規制当局や投資家から、サイバー攻撃にさらされるリスクへの対応が求められると考えているという。経営陣は、特に業務のデジタル化を進める上で、将来的な組織のセキュリティを確保するために、一層の対策を講じようとしている。

残り本文:約1984文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan