スイッチ 無線LAN ルーター ロードバランサー VPN WAN高速化 SDN/ネットワーク仮想化 エリクソン・ジャパン

ソフトバンク、商用ネットワークにNFVトータルソリューションを導入

ソフトバンクは、商用ネットワークへNFV(Network Functions Virtualization)トータルソリューションを導入し、大規模クラウド環境の展開を完了した。

 ソフトバンクは、商用ネットワークへNFV(Network Functions Virtualization)トータルソリューションを導入し、大規模クラウド環境の展開を完了した。ソリューションを提供し、共同で導入プロジェクトを実施したエリクソンが2月19日、発表した。

 ソフトバンクとエリクソンの両社は、共同プロジェクトを通じてエリクソンのVirtual Mobility Management Entity(vMME)、OpenStackをベースにしたエリクソン Cloud Execution Environment(CEE)、およびオーケストレーション用Ericsson Cloud Manager(ECM)をソフトバンクの商用ネットワークに導入した。Virtual Network Functions(VNF)、NFV Infrastructure(NFVI)、VNF Manager(VNFM)およびVNF Orchestration(VNFO)を含む、Network Functions Virtualization(NFV)トータルソリューションになっている。

 エリクソンのvMMEは、商用オフザシェルフハードウェア上で稼働し、エリクソンのネイティブMMEと協調してリソースプールを拡張するもので、、ソフトバンクはネイティブMMEプールにおけるこのような大規模vMMEの展開に成功した世界初のTier1事業者になるという。

 今回のvMME導入により、ネットワークを必要な容量に応じて調整できるようになったほか、柔軟性や管理機能が拡張され、ソフトウェアのアップグレードや拡張の迅速な実施が可能となった。

 ソフトバンクは、より迅速かつより効率的な新規サービスの提供が可能になると同時に、リードタイムの短縮と、設備投資や事業費の低減も実現するという。さらに、エリクソンのクラウドプラットフォームがソフトバンクの今後のアプリケーション導入をサポートし、IoTや5Gの要件を満たすとのこと。

「スイッチ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]