スイッチ 無線LAN ルータ ロードバランサ VPN WAN高速化 SDN/ネットワーク仮想化 エリクソン・ジャパン

ソフトバンク、商用ネットワークにNFVトータルソリューションを導入

ソフトバンクは、商用ネットワークへNFV(Network Functions Virtualization)トータルソリューションを導入し、大規模クラウド環境の展開を完了した。

 ソフトバンクは、商用ネットワークへNFV(Network Functions Virtualization)トータルソリューションを導入し、大規模クラウド環境の展開を完了した。ソリューションを提供し、共同で導入プロジェクトを実施したエリクソンが2月19日、発表した。

 ソフトバンクとエリクソンの両社は、共同プロジェクトを通じてエリクソンのVirtual Mobility Management Entity(vMME)、OpenStackをベースにしたエリクソン Cloud Execution Environment(CEE)、およびオーケストレーション用Ericsson Cloud Manager(ECM)をソフトバンクの商用ネットワークに導入した。Virtual Network Functions(VNF)、NFV Infrastructure(NFVI)、VNF Manager(VNFM)およびVNF Orchestration(VNFO)を含む、Network Functions Virtualization(NFV)トータルソリューションになっている。

 エリクソンのvMMEは、商用オフザシェルフハードウェア上で稼働し、エリクソンのネイティブMMEと協調してリソースプールを拡張するもので、、ソフトバンクはネイティブMMEプールにおけるこのような大規模vMMEの展開に成功した世界初のTier1事業者になるという。

 今回のvMME導入により、ネットワークを必要な容量に応じて調整できるようになったほか、柔軟性や管理機能が拡張され、ソフトウェアのアップグレードや拡張の迅速な実施が可能となった。

 ソフトバンクは、より迅速かつより効率的な新規サービスの提供が可能になると同時に、リードタイムの短縮と、設備投資や事業費の低減も実現するという。さらに、エリクソンのクラウドプラットフォームがソフトバンクの今後のアプリケーション導入をサポートし、IoTや5Gの要件を満たすとのこと。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan