データベース ソフトウェア 日本ソフト販売

日本ソフト販売、住所検索ソフトの最新版--顧客登録の手間やミス軽減

住所検索ソフトの「つくつく住所 Ver.18」は、電話番号や郵便番号を使って電話帳データベースから住所と名称を検索。顧客登録や住所録作成などの手間やミスを軽減する。

 日本ソフト販売は住所検索ソフトの最新版「つくつく住所 Ver.18」を3月4日に発売。電話番号や郵便番号を使って全国約2091万件の電話帳データベースから住所と名称を検索する。Excelや宛名書きソフト、クラウドアプリケーションなどに出力可能。税別価格は8800円。

 電話番号を入力すると郵便番号、住所(番地まで)、名称を検索し、郵便番号を入力すると検索対象の住所(町名、大字名まで)を表示する。別売りの電子電話帳を併用すると、既存顧客も検索可能になる。検索した情報は、必要に応じて編集や出力ができ、住所一覧、姓名辞書など入力をサポートする機能を備える。顧客登録や住所録の作成など、入力や変換の手間を軽減し、ミスを防ぐ。

 出力先ソフトの入力欄にあわせて、出力する項目と順番を自由に設定できる。Excel、Word、Access、メモ帳、宛名書きソフト、自社管理システム、住所録ソフト、クラウドアプリケーションなどさまざまなソフトと連携する。

つくつく住所 Ver.18の画面
つくつく住所 Ver.18の画面(日本ソフト販売提供)

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan