会計ソフト 三菱電機ビジネスシステム

会計指南:経費精算と連携の会計ソフト--管理会計機能で損益や残高を管理

会計ソフトの「会計指南」は、ウェブから入力できる経費精算システムを採用。一般会計に管理会計の機能を付加して事業ごと、支店ごと、課ごとで損益を管理できる。内部統制にも対応している。

 三菱電機ビジネスシステムの「会計指南」は、基本となる会計や経費精算などの機能を備えた会計ソフトである。経費精算システムとの連携や定型バッチ処理機能により決算を早期化できるほか、経営管理会計、内部統制、会計法制度の順守などを支援する。

 一般会計システムと各種サブシステムで構成する。一般会計システムでは、一般会計の機能に管理会計の機能を追加し、細かい損益と残高の管理を可能にした。サブシステムとして、支払管理、固定資産管理、本支店自動仕訳、リース資産管理、手形管理の各機能を用意する。

 一般会計システムは、財務会計報告、現預金管理、予算管理、部門別損益管理、消費税管理、外部財務報告、汎用帳票、資金繰実績報告、セグメント会計報告などの機能を搭載する。支払管理サブシステムは、経費に対する支払処理を支援。固定資産管理システムの減損会計は、減損会計基準に準拠した手順で計算して結果を出力する。

 IT内部統制については、経済産業省が内部統制の整備と運用に求めた「システム管理基準追補版」に準拠。システムへのログインやログアウトといったアクセスログだけでなく、アプリケーションの実行ログも記録する。

 メニュー画面のカスタマイズと、帳票の自由設計が可能。全帳票にプレビューと外部ファイル出力機能を装備する。データベースのテーブルレイアウトを公開しているので、他システムとの連携が容易である。

会計指南における内部統制関連の画面
会計指南における内部統制関連の画面(三菱電機ビジネスシステム提供)
会計指南の概要
用途と機能会計や経費精算などの機能を備えた会計ソフト
特徴経費精算システムとの連携や定型バッチ処理機能により決算を早期化できるほか、経営管理会計、内部統制、会計法制度順守などの実現を支援する
サーバ環境OS:Windows Server 2008 R2/2012/2012 R2、データベース:Oracle Database 11g/12c
クライアント環境Windows Vista Business(32ビット)/7 Professional/8 Professional(64ビット)/8.1 Professional(64ビット)
導入企業中央工機、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「会計ソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]