会計ソフト 三菱電機ビジネスシステム

会計指南:経費精算と連携の会計ソフト--管理会計機能で損益や残高を管理

会計ソフトの「会計指南」は、ウェブから入力できる経費精算システムを採用。一般会計に管理会計の機能を付加して事業ごと、支店ごと、課ごとで損益を管理できる。内部統制にも対応している。

 三菱電機ビジネスシステムの「会計指南」は、基本となる会計や経費精算などの機能を備えた会計ソフトである。経費精算システムとの連携や定型バッチ処理機能により決算を早期化できるほか、経営管理会計、内部統制、会計法制度の順守などを支援する。

 一般会計システムと各種サブシステムで構成する。一般会計システムでは、一般会計の機能に管理会計の機能を追加し、細かい損益と残高の管理を可能にした。サブシステムとして、支払管理、固定資産管理、本支店自動仕訳、リース資産管理、手形管理の各機能を用意する。

 一般会計システムは、財務会計報告、現預金管理、予算管理、部門別損益管理、消費税管理、外部財務報告、汎用帳票、資金繰実績報告、セグメント会計報告などの機能を搭載する。支払管理サブシステムは、経費に対する支払処理を支援。固定資産管理システムの減損会計は、減損会計基準に準拠した手順で計算して結果を出力する。

 IT内部統制については、経済産業省が内部統制の整備と運用に求めた「システム管理基準追補版」に準拠。システムへのログインやログアウトといったアクセスログだけでなく、アプリケーションの実行ログも記録する。

 メニュー画面のカスタマイズと、帳票の自由設計が可能。全帳票にプレビューと外部ファイル出力機能を装備する。データベースのテーブルレイアウトを公開しているので、他システムとの連携が容易である。

会計指南における内部統制関連の画面
会計指南における内部統制関連の画面(三菱電機ビジネスシステム提供)
会計指南の概要
用途と機能会計や経費精算などの機能を備えた会計ソフト
特徴経費精算システムとの連携や定型バッチ処理機能により決算を早期化できるほか、経営管理会計、内部統制、会計法制度順守などの実現を支援する
サーバ環境OS:Windows Server 2008 R2/2012/2012 R2、データベース:Oracle Database 11g/12c
クライアント環境Windows Vista Business(32ビット)/7 Professional/8 Professional(64ビット)/8.1 Professional(64ビット)
導入企業中央工機、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan