SNS

Slack:TwitterやRSSなどネットサービスと連携できるチャットツール

コミュニケーションツールの「Slack」は、チャット形式でのやり取りで、企業内のチームワークを円滑にする。TwitterやGoogleカレンダー、RSSなどの外部サービスと連携する。

 「Slack」は企業内のチームワークを円滑にするためのコミュニケーションツールだ。チャット形式でのやり取りを中心に、TwitterやGoogleカレンダー、RSSなどの外部サービスと連携する。現在はまだインターフェースが日本語化されていない。

  一般的な会話のトピックは「チャンネル」で整理され、特定のトピックについてのチャットを関連するユーザーとすぐに始められる。タイトルのほか、共有文書やメタデータ内の情報も検索できる。検索結果から関連性、時期、探しているファイルの種類で絞り込むこともできる。

 IT技術者向けの機能として、プログラムコードを投稿するオプションがある。ソースコードを見やすい形で送れるだけでなく、行番号の表示やインデントの自動挿入が可能だ。ショートカットキーが充実しており、マウスで操作せずにチャットなどを始められる。

 デスクトップアプリはWindows版とMac版に加え、Linux向けにベータ版がある。モバイルアプリはiOSとAndroidに対応するほか、Windows Phone用のベータ版がある。ブラウザからの利用も可能。

Slackの画面
Slackの画面(Slack提供)
Slackの概要
用途と機能企業内のチームワークを円滑にするためのコミュニケーションツール
特徴プログラムコードを投稿するIT技術者向けオプションがある。ショートカットキーが充実しており、マウスで操作せずにチャットなどを始められる
税別価格Freeは無料、Standardは6.67ドル、Plusは12.50ドル
導入企業LUSH Fresh Handmade Cosmetics、SurveyMonkey、など

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]