PC IDC Japan

国内クライアントPC市場、買い換え意識が薄らぐ--PCの進化があだに

 IDC Japanは2月18日、2015年第4四半期(10~12月)と2015年通年のクライアントPC市場出荷実績値を発表した。2015年10~12月の国内出荷台数は前年同期比16.4%減の245万台、通年の出荷台数は前年比31.4%減の1055万台となっている。

 2015年通年の内訳は、家庭市場が前年比25.2%減の449万台、ビジネス市場が同比35.5%減の606万台。

 2015年通年のベンダー動向を見ると、HPがシェアを0.2ポイント上げて4位に上昇。NEC Lenovoグループ、富士通、東芝、Dellも含めた上位5社は出荷台数を前年比で7割まで落としている。Appleとパナソニックはマイナス幅を1桁台に抑え、シェアをそれぞれ1.7ポイント、0.7ポイント上げている。なお、VAIOは、2014年7月設立のためこの比較の対象から外されている。

残り本文:約972文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan