CRM SFA BI ウイングアーク1st

あすか製薬、CRM/SFA刷新でBI基盤を独立して導入--全ユーザーに開放

あすか製薬はCRM/SFAを刷新すると同時にBI基盤を新たに導入。約500人の医薬情報担当者(MR)を含む全ユーザーの高度化した分析ニーズに対応できるようになったという。

 あすか製薬は、営業力を一層強化するため、顧客情報管理システム(CRM)や営業支援システム(SFA)を刷新すると同時にビジネスインテリジェンス(BI)基盤を新たに導入。約500人の医薬情報担当者(MR)を含む全ユーザーの高度化した分析ニーズに対応できるようになったという。ウイングアーク1stが2月16日にユーザー事例として公表した。

 あすか製薬は帝国臓器製薬とグレラン製薬の合併により2005年に発足。ホルモン製剤の新薬開発を得意とし、甲状腺ホルモン薬は国内で圧倒的なシェアと説明。近年は、女性のためのヘルスサポートや後発医薬品にも注力し、先端の研究開発から徹底した品質管理体制まで高品質で安全な薬を供給し続けているという。

 これまで同社ではCRM/SFAに付随したBIを利用していたが、そのデータ分析の自由度が低く、検索速度も目指すレベルにない、といった課題を抱えていたという。そこでCRM/SFAの刷新を機に、新たに独立したBI環境を構築することとした。

 BI環境については「誰もが簡単に使えるBI」「高速な検索パフォーマンス」「将来の要求変化への柔軟な対応」の3点を基本方針にした。この方針に沿って「Dr.Sum EA」を採用したという。

残り本文:約539文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]