帳票管理 ラクス

楽楽明細:請求書や帳票をウェブ発行して効率化--郵送代行にも対応

ウェブ帳票発行システムの「楽楽明細」は、帳票データを取り込んで電子帳票を作成し、顧客ごとに用意したウェブ上のページに公開したり、メールに添付して送付したりできる。請求書の郵送代行サービスも利用できる。

 ラクスの「楽楽明細」は、請求書、納品書、支払明細(支払通知、支払案内)といった帳票を電子化してウェブ上で発行するクラウドサービスである。帳票データを取り込んで電子帳票を作成し、顧客ごとに用意したウェブ上のページに公開したり、メールに添付して送付したりできる。郵送費、封筒代、紙代といった帳票発行にかかるコストを削減し、印刷や封入といった作業をなくせる。

 帳票の発行では、Excelや販売管理、購買管理のシステムなどで管理している請求データや支払いデータを一括で取り込む。内容を確認して、発行日時などを設定すれば、予約日に帳票を自動発行し、取引先にメールを送付する。

 帳票に表示させる項目や位置は自由にレイアウトできるので、現在使っている帳票レイアウトをそのまま発行可能。CSVファイルだけでなく、既存の基幹システムや販売管理システムからPDF化した帳票データをそのまま取り込める。

 メールを受け取った取引先に、ウェブ上の専用ページにログインして帳票をダウンロードしてもらえば受け取り完了となる。ほかに、帳票をメールに添付して送付したり、メール内に帳票をダウンロードするURLを記載したりも可能。これらの場合は専用ページへのログインは不要となる。

 同社は2015年2月に、請求書の郵送代行サービスを開始。楽楽明細で請求書データを取り込んで郵送代行を依頼するだけで、帳票を紙に印刷して封入し、取引先に送付してもらえる。税別料金は、紙代や印刷代、封筒代、郵送費用、作業手数料を含めて1通164円から。1通でも引き受ける。

 帳票のデータを保存するサーバは、2重化したファイアウォールや暗号化通信などのセキュリティ対策を実施する国内データセンターに設置。24時間365日の監視体制で、災害時に備えたフェールオーバや、毎日のデータバックアップに対応する。

JDL IBEX会計netの画面
楽楽明細の導入イメージ(ラクス提供)
楽楽明細の概要
用途と機能請求書、納品書、支払明細(支払通知、支払案内)といった帳票を電子化してウェブ上で発行するクラウドサービス
特徴帳票データを取り込んで電子帳票を作成し、顧客ごとに用意したウェブ上のページに公開したり、メールに添付して送付したりできる。郵送費、封筒代、紙代といった帳票発行にかかるコストを削減し、印刷や封入といった作業をなくせる
税別価格初期費用が10万円から、月額1万8000円から
導入企業CSアカウンティング、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える
  5. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan