PC スマートフォン タブレット アップルジャパン Apple Apple Online Store

仕事のツールをアップルの技術に統一して得られる4つのメリット

筆者の仕事に必要なツールをアップルの技術に集約させたところ、さまざまなメリットが得られたという。

 最初はMicrosoftが、続いてAppleが、筆者の仕事に必要なツールを勝手に決めつけ、すべてをそれに統一するよう仕向けた。こうした状況に対し、筆者は長年逆らい続けてきた。いずれかのメーカーが推奨するソリューションや統一方法を全面的に採用しようとしても、必ず何らかのアプリ、機能、サービス、問題が障害になったように思う。

 筆者の場合、あるワープロアプリが(おそらく筆者独特の)要求をすべては満たせなかったので、別のベンダーの製品を使ったのだろう。あまりに種類も量も多過ぎるデータを1つのソリューションプロバイダのクラウドに保存しておくことが合理的と思えなかったので、データの同期とバックアップを手動実行する回避策を採用したのだろう。もしかしたら、仕事用アプリをただ1つのソフトウェア用アカウントで買ったり管理したりすることに、居心地の悪さを感じたのかもしれない。ところが、そうしている内に、筆者は学習し始めた。

残り本文:約1225文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan