IaaS PaaS

AWSの社内稟議を通すコツ

前回までの記事で、AWSを利用する方向性や目的は明確になったころだろう。次にクリアしなければいけないのは社内稟議だ。これまでの経験から要所を押さえれば、社内稟議を通る可能性がグッとあがる。ぜひ参考にしてみてほしい。

設計フェーズのティップス

 無事にAWS利用の社内稟議が通ると、実際の設計フェーズに進むことだろう。この段階でのティップスがあるので簡潔だがぜひ紹介したい。

アーキテクチャ設計と運用設計の両方を準備する

 インフラの運用設計は、オンプレミスでもAWSでも大きく変わらないと考える人がある。どちらもサーバのエラー発生に対してどうエスカレーションするかだ、ということらしいが、これだけでは、EC2の運用だけを考えていることになるので、AWSを使いきらずにもったいない。

 アーキテクチャ設計のポイントは、データ保存にはS3(ストレージサービス)を使用する、メール配信にはSES(メール配信サービス)を使用するなどAWSのサービスの組み合わせることだ。つまり疎結合にすることが、設計の重要なポイントともいえる。

 さらに、AWSへのサポートを必要とするならば、サポートプランと、それぞれの対応レベルの違いをチェックしておこう。AWSのサイトにAWSサポートプランの一覧があるので確認するとよい。

AWSプロフェッショナルサービスの活用など

 まだベンダーに相談できる段階でない状態や、どのベンダーに相談するのがよいのかわからないようであれば、AWSプロフェッショナルサービスを活用するのもよい。

 AWSには、高い専門性でAWSプロフェッショナルサービスを提供するAWSパートナーネットワークがある。AWSから適切なベンダーを紹介してもらえるので、気軽に相談してみると、さらに安心できるはずだ。

古渡 晋也
cloudpack サポートエンジニア(アイレット勤務)。ゲーム開発、WEB開発、iOSアプリ開発など多数ソフトウェア開発をしてきて、現在はインフラエンジニアとして転身し、AWSを使ったサーバ構築・運用設計をしている。多くの開発経験から生かした、運用手順の作成を得意とする。AWS認定資格を多数保有しており、DevOpsに関して探求している。

「IaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]