SNS キングソフト

WowTalk:既読確認やスタンプ機能を備えた社内SNS--音声や映像でも通話可能

社内SNSツールの「WowTalk」は、チャットや掲示板、通話など、社内コミュニケーションを活性化するための機能を備える。既読確認やスタンプ送信の機能などを搭載する。

 キングソフトの「WowTalk」は、「トーク」「共有」「社員リスト」「通話」「サービス連携」「管理者サイト」という6つの機能を備えた社内SNSツールである。iOS、Androidアプリのほか、ブラウザでの利用も可能。

 「LINE」と同様にメンバーが自分のメッセージを確認したかをチェックしたり、スタンプを送信したりするチャット機能を備える。グループ名や名前だけでなく、キーワードからも履歴を検索できる。画像や音声の送受信も可能だ。常に未読の箇所から読み出せる「ここから未読」の表示機能もある。

 部署内外の共有事項を投稿、発信する社内専用の電子掲示板もある。タイムライン形式で表示され、投稿された内容に対して「いいね!」やコメントを残せるようになっている。投稿内容は「あとで読む」からブックマークに保存できる。

トークの画面
トークの画面(キングソフト提供)

 社員情報は組織の階層構造で管理される。リストに並べられたアイコンから現在のログイン状況を確認できる。最後にログインした時間を確認したり、社員の情報をCSVファイルで一括登録したりする機能も備える。

 通話料無料のIP電話としても使える。音声通話のほか、ビデオ通話も無料で利用可能だ。また、「Google Apps」とサービス連携するため、Googleドライブに保存された文書やGoogleカレンダーに登録された予定へのリンクをメンバーと共有できる。

 アクセス制限やログ閲覧、ユーザー登録、一斉配信などの管理者向け機能も搭載する。社員の異動や退職、端末の紛失時などでも社員アカウントを管理可能である。

WowTalkの概要
用途と機能社内コミュニケーションを活性化する社内SNSツール
特徴トーク、共有、社員リスト、通話、サービス連携、管理者サイトという6つの機能を備える
税別価格1ユーザーあたり月額300円
導入企業久住電気、佐川急便、ピーチ・ジョン、亀田製菓、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan