暗号化 暗号化

企業のデータ暗号化、利用実態や導入障壁は--SophosがITマネージャー1700人を調査

Sophosが、企業のデータ暗号化に関するレポートとインフォグラフィックを公開した。ポイントとなる数字を取り上げ、その意味を解説しよう。

 1月28日がデータプライバシーデーだったことをご存じだろうか。セキュリティベンダーのSophosはこの日に合わせ、先ごろ実施した調査のレポート「The State of Encryption Today」(「暗号の現状」)から一部データをピックアップし、インフォグラフィックとして公開した。

 ITマネージャー1700人からの回答をまとめたこの調査によると、調査対象組織の44%は広く暗号を利用しており、43%はある程度利用していた。企業の規模が大きいほど暗号を使う傾向があり、従業員501人から2000人の企業の利用率は50%だった。

 デバイスの暗号化について、常に暗号化されていたデバイスの割合はそれぞれ以下のとおり。

残り本文:約1216文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan