アクセス管理 日本ユニシス

特権ID管理を強化、管理負荷を軽減--福島銀行が利用開始

福島銀行は、特権IDを管理するためのソフトウェアを1月に導入し、利用を開始している。特権IDの管理負荷を狙った。

 福島銀行は、特権IDを管理するためのソフトウェアを1月に導入し、利用を開始している。導入を担当した日本ユニシスが2月12日に公表した。

 導入したのはNTTソフトウェアの「特権ID管理ソリューション」。福島銀行は、中期経営計画で、顧客、地域を支援するための基盤、能力、収益力の強化を基本方針に掲げている。

 インターネット専用支店の機能拡張などを図り、ITによる顧客満足度の向上に取り組む。その一環としてITセキュリティの高度化に向けた取り組みを継続。今回、業務システム全体を管理する要と認識している「特権ID」について、管理の負荷やコストを削減するソフトウェアの導入を決めた。

 日本ユニシスは、福島銀行のシステム構築パートナーとして参画した。特権ID管理ソリューション導入による効果は次のようなもの。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan