ワークフロー 住友電工情報システム

楽々WorkflowII クラウドサービス:ITの知識不要で使える多言語対応のワークフロー

ITの知識がなくても直感的に使えるというワークフローシステムの「楽々WorkflowII クラウドサービス」は、日英中の言語に対応し、いつでも切り替えられる。日本企業独自の根回しや条件分岐などにも対応している。

 住友電工情報システムの「楽々WorkflowII クラウドサービス」は、ITの知識がなくても直感的に使えるクラウド型のワークフローシステムだ。

 申請フォームはマウス操作で簡単に作成できる。稟議書、名刺、備品購入などの申請フォームはテンプレートがあり、テンプレートがないものでも同社が提供する申請フォーム作成サービスを利用して作れる。日本企業独自の根回しや引上承認、条件分岐などのワークフローにも対応している。

 「Internet Explorer」「Firefox」「Google Chrome」「Safari」などのブラウザに対応。スマートフォン、タブレットなどのモバイルにも対応しており、アクセス元の端末を自動で判別してインターフェースを切り替える。

 日本語、英語、中国語などの多言語に対応し、使用言語をいつでも切り替えられる。中国語で申請された業務を、日本語で承認して英語で回覧するといったことが可能だという。

楽々WorkflowII クラウドサービスの概要
用途と機能ITの知識がなくても直感的に使えるクラウド型のワークフローシステム
特徴申請フォームはマウス操作で簡単に作成可能。稟議書、名刺、備品購入などの申請フォームはテンプレートがある
税別価格初期費用が5万円、基本料金は月額1万円、月額利用料金が1ユーザーあたり500円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan