名刺管理 サンブリッジ

SmartVisca:Salesforceで一元管理できるクラウド名刺管理サービス

クラウド名刺管理の「SmartVisca」は、PaaS「Force.com」上で稼働するSalesforce一体型のサービスで名刺情報を一元管理できる。

 サンブリッジの「SmartVisca」は、名刺情報の管理機能を備えるSaaSである。セールスフォース・ドットコムのPaaS上で稼働し、データを保管する。名刺情報をSalesforceで一元管理して名刺入力の省力化を図れる。Salesforceと一体型のサービスであるため、名刺情報はSalesforceの中で管理される。

 名刺をスキャンまたはカメラで撮影した画像を登録すると、光学文字認識(OCR)技術でテキストデータに変換してSalesforceに自動登録する仕組みとなっている。

 Salesforceを使わずに、SmartVista専用のユーザーインターフェースから名刺情報を管理することも可能だ。担当者ごとの名刺交換の実績や取引先との親密度などを管理する機能も備える。オプションで、日本経済新聞社が提供する人事異動情報に基づいて、当該企業の名刺情報を更新する機能も提供する。

 初期導入時や臨時に大量の名刺を一括して取り込むサービスも提供している。

SmartVistaの利用イメージ
SmartVistaの利用イメージ(サンブリッジ提供)
SmartViscaの概要
用途と機能名刺情報の管理機能を備えるSaaS
特徴名刺情報をSalesforceで一元管理して名刺入力の省力化を図れる。Salesforceと一体型のサービスであるため、名刺情報はSalesforceの中で管理される
税別価格初期費用は5万円。最下位プランのBasic(営業担当10人以下の企業内グループ向け)が月額1万円~、最上位プランのEnterprise(営業担当100人規模以上の大企業向け)が月額21万円
導入企業デジタルスフィア、VSN、シーエムパンチ、昭和アステック

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 世界的コンサルが直面したITプロジェクトの課題とは?可視化・省力化などを果たした解決への道に迫る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]