VR・AR

エンタメだけじゃない--拡張現実(AR)と仮想現実(VR)を活用している10業界

ARとVRはエンターテインメント業界に大きなメリットをもたらす新技術と目されているが、関心を抱いている業界はほかにもたくさん存在する。

 ゲーマーならば、拡張現実(Augmented Reality:AR)と仮想現実(Virtual Reality:VR)がエンターテインメント業界に変化をもたらしつつあることに気付いているだろう。ただし、ARとVRが進出するのはエンターテインメント分野だけではない。むしろ、現実世界とデジタル世界を融合させる可能性のあるARとVRに影響されない業界の方が、限られている。

 ARとVRを活用している分野の例として、10業界(教育、ヘルスケア、航空宇宙、マーケティング、ジャーナリズム、旅行、不動産、自動車、小売など)を紹介しよう。

残り本文:約4414文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業を究極の「全自動化」!デジタル時代のインフラ最適化、その最終形態とは?
  2. 独自調査と取材で判明!クラウドテクノロジーの信頼度と業績向上の相関関係【提供:Google】
  3. データベースのプロが集結!現場経験者だから語れるDB移行プロジェクトの「実際」とは
  4. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  5. 目指すべきは“顧客から選ばれる”企業――日本企業がカスタマーエクスペリエンス向上に失敗する理由とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan