VR・AR

エンタメだけじゃない--拡張現実(AR)と仮想現実(VR)を活用している10業界

ARとVRはエンターテインメント業界に大きなメリットをもたらす新技術と目されているが、関心を抱いている業界はほかにもたくさん存在する。

 ゲーマーならば、拡張現実(Augmented Reality:AR)と仮想現実(Virtual Reality:VR)がエンターテインメント業界に変化をもたらしつつあることに気付いているだろう。ただし、ARとVRが進出するのはエンターテインメント分野だけではない。むしろ、現実世界とデジタル世界を融合させる可能性のあるARとVRに影響されない業界の方が、限られている。

 ARとVRを活用している分野の例として、10業界(教育、ヘルスケア、航空宇宙、マーケティング、ジャーナリズム、旅行、不動産、自動車、小売など)を紹介しよう。

残り本文:約4414文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan