文書管理 住友電工情報システム

楽々Document Plus:あいまい検索可能な文書管理システム--改正e-文書法に対応

文書管理システムの「楽々Document Plus」は、社内に点在する文書やデータを登録、保存、管理できる。全文検索とあいまい検索、複合条件での検索など、必要な情報をスピーディに探し出せる。

 住友電工情報システムの「楽々Document Plus」は、社内に点在する文書やデータを登録、保存、管理する文書管理システムである。全文検索とあいまい検索に加え、属性項目を組み合せた複合条件での検索が可能で、必要な情報をスピーディに探し出せる。

 複数のファイルを電子データとして、1つのドキュメントにまとめてフォルダに保管できる。日付や作成者などの項目をメタデータに付与して文書を登録できる。複合機などのスキャナ機能で電子化されたファイルを自動で登録することも可能だ。登録されたファイルは光学文字認識(OCR)処理され、全文検索の対象となる。

 社内に分散するファイルサーバの一部を公開フォルダとして設定できる。設定した公開フォルダのファイルは楽々Document Plusで閲覧、検索でき、システムに登録することなくファイルの共有と活用が可能になる。公開フォルダ内の検索のほか、公開フォルダと楽々Document Plusの横断検索もできる。

 オプションで2015年9月に改正されたe-文書法にも対応する。PDFファイルへのタイムスタンプの付与、保管中のPDFファイルに対する改ざん有無の一括検証の機能がある。

楽々Document Plusの概要
楽々Document Plusの概要(住友電工情報システム提供)
楽々Document Plusの概要
用途と機能社内に散在する文書やデータを登録、保存、管理する文書管理システム
特徴全文検索とあいまい検索に加え、属性項目を組み合せた複合条件での検索が可能。複数のファイルを電子データとして、1つのドキュメントにまとめてフォルダに保管できる。社内に分散するファイルサーバの一部を公開フォルダとして設定可能
税別価格パッケージライセンスは150万円から。オプションは100万円。
導入企業ダイニチ工業、など

「文書管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]