運用管理 アイネット

Vistara:パブリッククラウドも監視できる運用管理SaaS--IT監査にも対応

システムの運用管理機能をSaaSで提供する「Vistara」は、単一の管理画面でオンプレミスに加えてパブリッククラウドでも監視する。運用履歴を蓄積し、管理証跡を記録することでIT監査にも対応する。

 アイネットの「Vistara」はSaaS型の運用管理サービスだ。単一の管理画面でオンプレミスとプライベートクラウド、パブリッククラウドを運用監視できるほか、チケット管理、プロセス自動化、レポート管理などのサービスを利用できる。

 運用履歴を蓄積し、管理証跡を記録することで、企業に必要なITコンプライアンスを維持管理でき、IT監査への対応も可能になる。定型的な監視のほかにも、ビジネス部門のニーズに応じてシステムを監視運用することも可能だ。

 クラウドサービス事業者による利用も想定している。マルチテナント機能やリモートアクセス、管理証跡レコーディング機能を利用した遠隔監視と運用サービスを提供できる。

 セキュリティ関連の機能も充実している。ロールベースのアクセス制御(RBAC)を使用することで、ユーザーの役割ごとに権限を設定して企業内のコンプライアンスを向上したり、サービス事業者に要求されるきめ細かな設定に対応したりできる。

Vistaraの画面
Vistaraの画面(アイネット提供)
Vistaraの概要
用途と機能SaaS型のシステム運用管理サービス
特徴単一の管理画面で企業のIT資産やプライベート/パブリッククラウドの運用監視、チケット管理、プロセス自動化、レポート管理などのサービスを利用可能
税別価格月額8万4000円から

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan