IDC Japan

2016年のIT市場は1.4%増の14.7兆円--IDC予測

IDC Japanは2月8日、2015年第3四半期(7月~9月)の実績、および最新の景気動向などに基づく2014年~2019年の国内製品別IT市場予測を発表した。

 IDC Japanは2月8日、2015年第3四半期(7月~9月)の実績と最新の景気動向などに基づく2014年~2019年の国内製品別IT市場予測を発表した。2016年の国内IT市場規模は前年比1.4%増の14兆7653億円、2014年~2019年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は1.1%で、2019年の市場規模は15兆4648億円と予測している。

 また、国内IT市場に国内通信サービス市場を加えた国内ICT市場の2016年の市場規模は前年比0.4%増の25兆4640億円、2014年~2019年CAGRマイナス0.1%で、2019年市場規模25兆5375億円と予測している。


国内製品別IT市場実績と予測:2014年~2019年(2014年は実績値、2015年以降は予測) (IDC提供)

 国内IT市場を構成する国内ハードウェア市場、国内ITサービス市場、国内パッケージソフトウェア市場における2016年の市場規模と前年比成長率は、それぞれ0.5%減の6兆3998億円、2.0%増の5兆4743億円、4.6%増の2兆8912億円と同社は予測した。

 2016年の国内IT市場は、サーバ市場がマイナス成長に転ずるものの、PCのマイナス成長は小幅となり、スマートフォン市場、ソフトウェア市場、ITサービス市場などの成長が堅調であるため、1.4%増とプラス成長を見込んでいる。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan