IDC Japan

2016年のIT市場は1.4%増の14.7兆円--IDC予測

IDC Japanは2月8日、2015年第3四半期(7月~9月)の実績、および最新の景気動向などに基づく2014年~2019年の国内製品別IT市場予測を発表した。

 IDC Japanは2月8日、2015年第3四半期(7月~9月)の実績と最新の景気動向などに基づく2014年~2019年の国内製品別IT市場予測を発表した。2016年の国内IT市場規模は前年比1.4%増の14兆7653億円、2014年~2019年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は1.1%で、2019年の市場規模は15兆4648億円と予測している。

 また、国内IT市場に国内通信サービス市場を加えた国内ICT市場の2016年の市場規模は前年比0.4%増の25兆4640億円、2014年~2019年CAGRマイナス0.1%で、2019年市場規模25兆5375億円と予測している。


国内製品別IT市場実績と予測:2014年~2019年(2014年は実績値、2015年以降は予測) (IDC提供)

 国内IT市場を構成する国内ハードウェア市場、国内ITサービス市場、国内パッケージソフトウェア市場における2016年の市場規模と前年比成長率は、それぞれ0.5%減の6兆3998億円、2.0%増の5兆4743億円、4.6%増の2兆8912億円と同社は予測した。

 2016年の国内IT市場は、サーバ市場がマイナス成長に転ずるものの、PCのマイナス成長は小幅となり、スマートフォン市場、ソフトウェア市場、ITサービス市場などの成長が堅調であるため、1.4%増とプラス成長を見込んでいる。

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  2. 侵害の57%は「悪意のあるファイルではない手段」で起こる - IBM X-Forceレポート日本語版
  3. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  4. 【事例】紙ベースの諸申請業務に悩んでいた立命館大学があのWebデータベースを選んだ理由
  5. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]