SDN/ネットワーク仮想化 NEC

JALインフォテック、SDNを活用した次世代オフィスLANの導入を決定

JALグループのIT中核会社であるJALインフォテックは、SDN(Software-Defined Networking)を活用した次世代オフィスLANの導入を決定した。

 JALグループのIT中核会社であるJALインフォテックは、SDN(Software-Defined Networking)を活用した次世代オフィスLANの導入を決めた。このネットワークをJALインフォテックの本社ビルや外部データセンターに導入し、5月の稼働開始を予定している。受注したNECが2月8日、発表した。

 JALインフォテックでは今回、オフィスLANの更新にあたり、現状のネットワークにおけるトラフィック対策や運用性、柔軟性向上などの課題解決を図るとともに、事業拡大に向けてSDNを活用したネットワーク構築ビジネスを展開すべく、自社内でのSDN活用を決定した。

 具体的には、既存のネットワーク機器を生かしながら、SDN対応機能を搭載したNECの「UNIVERGE PFシリーズ」「UNIVERGE QXシリーズ」を部分的に導入することで、コストを最適化すると同時に、SDN活用による利点を得ようという内容。

 本ネットワークの特徴は以下の通り。

止まらないネットワーク

 ネットワークを仮想化し、1つの物理ネットワーク上に基幹業務用途やシステム開発用途など複数のネットワークを論理的に構成することが可能。論理ネットワーク同士は完全に独立しているため相互に影響を与えず、セキュリティや通信品質の確保を実現。

 また、ネットワーク全体の集中制御により通信経路の柔軟な変更が可能なため、平日の日中にシステム運用を止めずネットワーク機器の保守作業を実現。

管理しやすいネットワーク

 GUIを活用し、高度な専門知識がなくても直観的な操作でネットワークを設計、設定できる。また、ネットワーク全体の通信状態を可視化でき、万一の障害発生時における障害箇所の迅速な特定、復旧も実現できる。

つながるネットワーク

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]