スマートフォン 決済システム GMOペイメントゲートウェイ

北國銀行、スマホ決済サービスのOEM提供を受けVisaデビットカードとスマホアプリを提供

北國銀行は、スマートフォン決済サービスのOEM提供を受け、即時決済取引カード「北國Visaデビットカード」の取り扱いを4月1日より開始する。

 北國銀行は、スマートフォン決済サービス「GMO Pallet」のOEM提供を受け、即時決済取引カード「北國Visaデビットカード」の取り扱いを4月1日より開始する。また同時に、地域住民と地域店舗との関係強化を目的としたスマホアプリ「北國おサイフアプリ」の提供も予定している。

 サービスOEM提供とアプリ開発を行うGMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)が2月5日、発表した。GMO-PGでは、今回の北國銀行へのOEM提供を皮切りに、金融機関をはじめ不動産業界や保険業界などへ、GMO PalletのOEM提供を拡大していくとしている。

「GMO Pallet」
「GMO Pallet」

 GMO-PGはGMOインターネットグループの一社で、非対面クレジットカード等の決済事業を展開している。今回北國銀行にOEM提供したGMO Palletは、飲食店やアパレル等のリアル店舗でのカード支払いがスマホアプリ上で完結する、お財布いらずのスマホ決済サービス。2014年から東京都渋谷区の飲食店を中心に提供を開始した。

 北國銀行は、石川県を中心に北陸地方で事業展開しており、昨今では、日本政府が掲げる「地方創生」に向けた地域活性化を推進できるよう、地域住民の金融サービスにおける利便性向上のための「地域密着型金融」の取り組みとして、FinTechを活用した新しいサービスの提供を検討していたという。

 その取り組みの軸となるのが、新たに取り扱いを開始する予定の北國Visaデビットカード。VISAブランドの即時決済取引用カードで、北國銀行の預金口座と紐付けされ、利用金額が口座から引き落とされるようになっている。

 同時に提供開始予定のスマホアプリは、北國Visaデビットカード利用者向けと、実店舗(北國銀行が提携する北國Visaデビットカード加盟店)向けの2種類で、その概要は以下の通り。

利用者向け

残り本文:約299文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan