IaaS PaaS プライベートクラウド OS ミドルウェア RDBMS NoSQL その他データベース IDC Japan

クラウドサービスの普及がOSS使用拡大の推進力--IDC Japan

IDC Japanは2月4日、企業におけるオープンソースソフトウェア(OSS)の利用実態調査結果を発表した。企業におけるOSSの導入率は31.3%で、この3年間では大きな変化はみられないことが明らかになった。

 IDC Japanは2月4日、企業におけるオープンソースソフトウェア(OSS)の利用実態調査結果を発表した。企業におけるOSSの導入率は31.3%で、この3年間では大きな変化はみられないことが明らかになった。

企業における主なOSSの使用率
企業における主なOSSの使用率(IDC Japan提供)

 調査では、国内の企業と組織のIT部門を対象としたアンケート調査を2015年12月に実施し、1次調査で1482社、2次調査で309社から有効回答を得た。

 1次調査では自社の情報システムにおけるOSSの導入状況について調査し、OSSを「本番環境で導入している」と回答した企業は31.3%だった。前年の調査では31.5%、前々年の調査では32.0%で、この3年間では大きな変化はみられない。

 従業員規模別にみると、本番環境で導入している企業は1000人~4999人で36.8%、5000人以上で39.4%となった一方、100~499人以下の企業では最も低い24.8%と、企業の規模に比例してOSSの導入率が高くなる傾向がある。この背景には、多くの中小企業ではOSSを導入して管理する人材が乏しいということが考えられ、またこうした状況がOSSの導入率が上昇しない要因の1つとしても考えられる。

 2次調査ではOSSを使用している企業に対して、より詳細にOSSの利用実態について調査した。本番環境で使用しているOSSの種類は、表にある通りLinuxが利用率67.3%と最も高く、リレーショナルデータベース(RDB)の「MySQL」が53.1%で続いている。以下、アプリケーションサーバの「Tomcat」(35.6%)、RDBの「PostgreSQL」(35.0%)、システムソフトウェアの「Samba」(21.4%)、システム管理の「Zabbix」(16.2%)、ハイパーバイザーの「Xen」(16.2%)となった。

 一方で近年、クラウドインフラ領域で注目を集めている「OpenStack」は6.1%、コンテナプラットフォームの「Docker」は4.5%だった。またビッグデータ関連としてデータ分散処理の「Apache Hadoop」が6.8%、NoSQLの中では「MongoDB」の使用率が最も高く4.5%となった。こうした新興OSSは認知度も高まってきており、今後のさらなる普及が見込まれる。

 さらに調査では、クラウドサービスとOSS使用の関係も分析した。その結果、IaaSを利用している企業の42.5%はOSSを積極的に使用していくという方針を取り、43.8%はOSSを適材適所で使用していくという方針としている。PaaSを利用している企業においても、53.1%がOSSを積極的に使用していく方針で、34.7%はOSSを適材適所で使用していくという方針だった。一方、IaaSあるいはPaaSを今後も含めて利用しないという企業では、OSSを積極的に使用していくという方針は20%未満にとどまっている。このことから、OSS使用はクラウドサービス利用との関係性が強く、クラウドサービスの普及がOSS使用拡大の推進力になるとIDCでは考えている。

 同社ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャーの入谷光浩氏は、次のようにコメントしている。

 「今回の調査において、クラウドサービスの利用とOSSの使用は強い関連があることが明らかになった。現在、多くのIaaSやPaaSではOSSが標準サービスとして使用できるようになっている。今後クラウドサービスの普及に伴い、そのクラウドサービス上でOSSを使用する企業がさらに増加していくと考えられる。そして企業ではOSSの使用に対する抵抗感も薄まり、技術力やノウハウが溜まっていくことで、オンプレミスシステムでも様々なOSSを活用していく企業が増えていくとみられる。すなわち、クラウドサービスの普及がOSS使用拡大のドライバになる」

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan