クラウド SaaS ERP 伊藤忠テクノソリューションズ

CTC、勤務状況を一元管理するクラウド勤怠--従業員ケアにも対応

CTCのクラウド勤怠管理サービス「おまかせ勤怠管理 Powered by KING OF TIME」は、勤務状況に関する情報をクラウドで一元的に管理し、従業員の勤怠管理を支援する。同社のBPOサービスと連携することで、従業員のケアにも対応する。

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2月4日、クラウド勤怠管理サービス「おまかせ勤怠管理 Powered by KING OF TIME」の提供を開始した。出退勤時間、シフト管理、申請ワークフロー、勤務状況の情報をクラウドで一元的に管理し、従業員の勤怠管理を支援する。月額利用料は1ユーザーあたり300円。

 ヒューマンテクノロジーズの勤怠管理サービス「キングオブタイム」をベースに、出退勤時刻や申請データをリアルタイムに集計し、ワークフロー機能で休暇や残業の申請を処理できる。

 法改正による変更や新機能を無償バージョンアップで提供することで、システム管理の負担を軽減する。また、クラウド型であるため、離れた拠点でも従業員の労働時間を把握し、正確な労働時間の管理が可能。フレックスタイム制やシフト勤務制などの多様な勤務体系に対応し、生体認証やモバイル端末を活用することもできる。

 同社では、社員の健康情報をクラウドで一元的に管理し、従業員の健康管理を総合的に支援するビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービス「おまかせ健康管理」を提供している。おまかせ勤怠管理と連携して利用することで、健康面でのケアが必要な従業員へのフォローも可能になるとしている。

おまかせ勤怠管理の概要
おまかせ勤怠管理の概要(CTC提供)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan