会計ソフト パイプドビッツ

ネットde会計:経理スキルにあわせて入力方法を選べるクラウド型会計ソフト

クラウド型会計ソフトの「ネットde会計」は、利用者の経理レベルにあわせて入力方法が選べる。クラウド上でデータを一元管理しているため、営業所や店舗など複数拠点で入力されたデータを本社からリアルタイムに確認できる。

 パイプドビッツの「ネットde会計」は、中小企業向けのクラウド型会計ソフトだ。クラウド上でデータを一元管理しているため、営業所や店舗など複数拠点、複数の担当者が同時入力でき、入力されたデータを本社からリアルタイムに確認できる。

 現金や銀行の入出金情報、伝票を登録するだけで決算書まで自動で作成できる。利用者の経理レベルにあわせて入力方法が選べる。例えば、経理の初心者であれば出納帳や売掛買掛帳の入力、上級者であれば伝票入力や仕訳入力、といった具合だ。

 銀行の入出金明細や自社の販売管理システムなどのデータは、CSV形式でインポートできる。自動学習機能を備えているため、一度取り込んだ内容をもとに2回目以降は自動で仕訳する仕組みとなっている。

 入力した内容をもとに、毎月の試算表や会社法に準拠した決算報告書を自動で作成する。営業所や支店別にデータを管理して損益を把握したり、プロジェクトごとにデータを管理したりといったことが可能だ。

ネットde会計の概要
用途と機能中小企業向けのクラウド型会計ソフト
特徴クラウド上でデータを一元管理しているため、営業所や店舗など複数拠点、複数の担当者が同時入力でき、入力されたデータを本社からリアルタイムに確認できる
税別価格1アカウントあたり月額3600円。最大5人まで同時に利用可能
導入企業オートライブ、ウィンド、日本医療輸出協力機構、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan