ワークフロー

らくらく申請WF.net:承認経路を業務ごとに設定できるワークフロー管理ソフト

ワークフロー管理ソフトの「らくらく申請WF.net」は、企業内で使用する多種多様な申請、承認業務に対応する。業務ごとにルートを設定でき、帳票フォームの作成機能なども備える。

 無限の「らくらく申請WF.net」は、企業内で使用する多種多様な申請、承認業務に対応するワークフロー管理ソフトである。

 申請、承認ルートは業務ごとに設定可能。そのルートの中で承認者、回覧者、代理承認者、複数承認などの細かい役割を設定できる。飛び越し承認や代理承認など状況に応じた運用も可能。申請と承認結果をメールで送信する機能を備えているので、承認漏れや遅滞を防げる。

 帳票フォームの作成機能も搭載。申請書の入力項目には、コンボボックス、計算式、集計機能などを実装できる。入力の簡素化や集計の自動化が可能になる。

 同社のらくらくシリーズとの連携機能を備える。「らくらく定期.net」や「らくらく旅費経費.net」と併用すると、通勤費、出張費、旅費などの申請、管理業務を一元化できる。

 動作環境は、サーバOSが「Windows Server 2008」、データベースが「Microsoft SQL Server」、クライアントOSが「Windows Vista SP1/7」、ブラウザとして「Internet Explorer 7.0/8.0/9.0」が必要である。オンプレミス版のほかにクラウドサービスも提供している。

らくらく申請WF.netの画面
らくらく申請WF.netの画面(無限提供)
らくらく申請WF.netの概要
用途と機能企業内で使用する多種多様な申請、承認業務に対応するワークフロー管理ソフト
特徴申請、承認ルートは業務ごとに設定可能。飛び越し承認や代理承認など状況に応じた運用もできる。帳票フォームの作成機能、らくらくシリーズとの連携機能も備える
税別価格クラウド版:初期費用10万円、1ユーザーあたり月額200円から
導入企業(ユーザー)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]