PBX NTT東日本

ひかりクラウドPBX:ウェブから内線番号を変更できるクラウド型PBXサービス

クラウド型PBXサービスの「ひかりクラウドPBX」は、PBX機能をクラウド化することで資産を持たずに導入できる。月額制なので短期間でも利用可能だ。スマートフォンの内線化に対応する。

 NTT東日本の「ひかりクラウドPBX」は、内線通話と構内交換機(PBX)の機能をクラウドで提供するIP-PBXサービスである。オフィスにPBXなどの通信設備が不要となり、固定資産や通信設備、通信コストの削減、オフィススペースの有効活用が可能になる。月額制なので短期間の利用にも対応する。

 内線通話機能、グループ着信機能、転送機能などの基本機能に加え、スマートフォンなどを内線端末として利用することで外出先からでも内線通話が可能になる。複数拠点ある場合、各拠点のPBXやビジネスフォンを集約することで拠点間の内線通話が可能になり、通話料を削減できる。

 内線番号の追加や変更などはウェブ上で設定できるほか、各拠点で個別に対応していた運用管理が不要になる。

 利用に際しては、NTT東日本エリア内において「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」または光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービスの契約が必要。外線利用するには、「ひかり電話オフィスA」「ひかり電話オフィスタイプ」の月額利用料と初期費用が必要になる。

ひかりクラウドPBXの活用イメージ
ひかりクラウドPBXの活用イメージ(NTT東日本提供)
ひかりクラウドPBXの概要
用途と機能クラウド型のIP-PBXサービス
特徴内線通話機能、グループ着信機能、転送機能などの基本機能に加え、スマートフォンなどを内線端末として利用することで外出先からでも内線通話が可能
税別価格同時接続数10チャネルを含む10IDパックが月額1万円から

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan