クラウドコンピューティングのセキュリティ確保を目指す業界団体Cloud Security Alliance(CSA)は、企業のクラウド導入とそれにともなうITの役割の変化や脅威等に関する調査レポート「The Cloud Balancing Act for IT: Between Promise and Peril」を公開し、概要を発表した。それによると、クラウドの安全性をオンプレミスソリューションと同等またはそれ以上とみなすIT担当者が、全体の64.9%存在した。

残り本文:約732文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan