会計ソフト ピー・シー・エー

PCA会計X:取引内容の選択だけで自動仕訳できる中堅中小向け会計ソフト

 ピー・シー・エーの「PCA会計X」は、中堅中小企業向けの会計ソフトである。日常の伝票入力だけで、元帳、試算表、決算書の作成をはじめ、経営分析や各種管理帳票の出力ができる。

 伝票入力では、表示される取引内容を選択するだけで、勘定科目、補助科目、金額、部門、税区分、摘要文までを自動で仕訳できる。取引内容はあらかじめ一般的なものを登録しており、自社の取引にあった内容を追加して登録することも可能。関連する請求書や領収書を付属の文書管理システム「PCA eDOCX」にアップロードして保管したり、検索、確認したりできる。

 帳簿には、現金出納帳、預金通帳、売掛帳、買掛帳、売上帳、仕入帳、経費帳、手形を、それぞれのイメージで入力できる。1つの帳簿に入力すると、関連する帳簿に自動転記するので作業効率を向上できると同時に、転記ミスをなくせる。

 仕訳伝票発行とチェックリストでは、階層化した承認印を4つまで設定可能。紙の伝票に印を押すのと同様に、例えば、担当者から係長、課長、部長と順に承認していくことができる。特定の承認階層で承認済みの伝票のみを絞り込んだ出力も可能だ。

 決算では、報告式や勘定式、比較式のそれぞれの方式で編集が可能。消費税申告書を出力したり、仕訳の全額を1件ずつ計算していく「積み上げ方式」によるキャッシュフロー計算書を作成したりできる。

 監査用には、伝票番号チェックリストや繰り越し残高検証処理などの機能を搭載。セキュリティ対策として、利用者ごとに科目や部門を制限、作業の権限を設定できるユーザー管理機能、ID情報や処理名、処理内容、コンピュータ名を保存するログ管理機能を備える。

 同社は別途、PCA会計Xや「PCA給与X」などを月額料金で利用できるSaaS「PCAクラウド」を提供している。

PCA会計Xの画面
PCA会計Xの画面(ピー・シー・エー提供)
PCA会計Xの概要
用途と機能中堅中小企業向けの会計ソフト
特徴日常の伝票入力だけで、元帳、試算表、決算書の作成をはじめ、経営分析、各種管理帳票の出力が可能になる
サーバ環境Windows Server 2008 SP2/2008 R2/2012
クライアント環境Windows Vista SP2/7/8/8.1/10
税別価格15万円から
導入企業高知市森林組合、ワイズ、マックス・ベア、トヨタアカウンティングサービス、Aコープゆうべつ、マイクグレー、大橋、同友会グループ、ノアインドアステージ、日進化学、ルミカ、カネヒコ、エスシー・カードビジネス、シンワ・アクティブ、鳥屋野不動産、アデカ、大和商会、医療法人あんしん会 四谷メディカルキューブ、など

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan