PC

アジア太平洋地域のPC出荷、2015年は1億760万台で7.7%減

IDCは、日本を含むアジア太平洋地域のPC市場に関する調査結果の速報値を発表した。2015年の出荷台数は1億760万台で、前年に比べ7.7%減少した。

 IDCは、日本を含むアジア太平洋地域のPC市場に関する調査結果の速報値を発表した。それによると、2015年の出荷台数は1億760万台で、前年に比べ7.7%少なくなった。2014年の対前年比は5.7%の減少で、減少率がさらに悪化した。

 アジア太平洋地域では、インドとタイにおける大規模な教育プロジェクトがPC市場を支えている一方、中国の景気減速が出荷台数の足かせになったそうだ。具体的には、中国政府が取り組む汚職対策キャンペーンと、製造や建設、鉱業分野の低迷がIT支出を抑制しているという。さらにIDCは、中国で消費者の購買行動も落ち込み、PC新規購入よりスマートフォンが優先される状況であるとした。

残り本文:約782文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]