会計ソフト ソリマチ

会計王:業種別テンプレート、乗り換え機能で導入が容易な会計ソフト

会計ソフトの「会計王」は、簿記やPCのスキル不要で直接的に利用できる。業種別テンプレートや乗り換え機能など、導入の手間を軽減できる。

 ソリマチの「会計王」は、簿記やPCについての知識がなくても直感的に利用できる会計ソフトだ。基本機能が異なる2種類のパッケージがある。

 「業種別テンプレート」を使えば、あらかじめ業種別の勘定科目を設定してあるので初期設定作業の手間を軽減できる。他社製品から乗り換える場合は、既存ソフトの科目、部門、辞書、仕訳、残高情報をもとに新規会計データを作成可能となっている。

 「簡易振替伝票入力」機能を使えば、複式簿記が分からなくても伝票が作成できる。毎月決まった取引がある場合は、「お決まり仕訳登録」機能を使いあらかじめ入力しておけば1度に処理ができる。

 オプションの「安心データバンク」機能を使えば、オンラインストレージにデータを保存できる。オンライン上のデータは、タブレットやノートPCでどこからでも閲覧可能だ。オプションは月額500円で利用できる。

会計王の画面
会計王の画面(ソリマチ提供)
会計王の概要
用途と機能簿記やPCについての知識がなくても使える会計ソフト
特徴業種別テンプレートや簡易振替伝票入力、お決まり仕訳登録、安心データバンクなどの機能を搭載する
税別価格会計王17は4万円、会計王17 PROは6万円
導入企業ヤマト種苗農場、ランテック、など

「会計ソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]