会計ソフト セイコーエプソン

財務応援R4:科目体系を自由に設定できる会計ソフト--高速入力を支援

企業向け会計ソフトの「財務応援R4」は、高速入力を支援するさまざまな機能を備えている。勘定科目、補助科目の設定数に制限はなく、科目体系を自由に設定できる。

 セイコーエプソンの「財務応援R4」は、高速入力を支援するさまざまな機能を備えた企業向け会計ソフトだ。基本機能が異なるPremium、Lite+、Liteの3タイプがある。

 入力形式は、振替伝票や入出金などの伝票形式、現金出納帳や売掛帳といった帳簿入力形式などに対応している。システムの知識や会計知識の有無に関わらず、簡単に伝票入力が可能となっている。

 ファンクションキーを押すと、入力画面から確認、検索、マスタ登録、帳票出力などの画面に切り替えられる。仕訳入力から試算表確認に切り替えたり、試算表確認から仕訳入力に切り替える、といった画面の切り替えも容易である。仕訳入力画面で入力した摘要は、ワンタッチでマスタへの登録が可能だ。

 科目体系は自由に設定できる。勘定科目、補助科目の設定数に制限はなく、科目のコードも英数字6桁で自由に設定可能だ。勘定科目から合計科目への加算体系は、最大99階層まで設定できるため、あらゆる企業の勘定科目体系に対応できるという。

財務応援R4の画面
財務応援R4の画面(セイコーエプソン提供)
財務応援R4の概要
用途と機能高速入力を支援するさまざまな機能を備えた企業向け会計ソフト
特徴振替伝票や入出金などの伝票形式、現金出納帳や売掛帳といった帳簿入力形式などに対応する。システムの知識や会計知識の有無に関わらず、簡単に伝票入力が可能。
税別価格Premium版は300万円から、Lite+版は150万円から

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan