会計ソフト セイコーエプソン

財務応援R4:科目体系を自由に設定できる会計ソフト--高速入力を支援

企業向け会計ソフトの「財務応援R4」は、高速入力を支援するさまざまな機能を備えている。勘定科目、補助科目の設定数に制限はなく、科目体系を自由に設定できる。

 セイコーエプソンの「財務応援R4」は、高速入力を支援するさまざまな機能を備えた企業向け会計ソフトだ。基本機能が異なるPremium、Lite+、Liteの3タイプがある。

 入力形式は、振替伝票や入出金などの伝票形式、現金出納帳や売掛帳といった帳簿入力形式などに対応している。システムの知識や会計知識の有無に関わらず、簡単に伝票入力が可能となっている。

 ファンクションキーを押すと、入力画面から確認、検索、マスタ登録、帳票出力などの画面に切り替えられる。仕訳入力から試算表確認に切り替えたり、試算表確認から仕訳入力に切り替える、といった画面の切り替えも容易である。仕訳入力画面で入力した摘要は、ワンタッチでマスタへの登録が可能だ。

 科目体系は自由に設定できる。勘定科目、補助科目の設定数に制限はなく、科目のコードも英数字6桁で自由に設定可能だ。勘定科目から合計科目への加算体系は、最大99階層まで設定できるため、あらゆる企業の勘定科目体系に対応できるという。

財務応援R4の画面
財務応援R4の画面(セイコーエプソン提供)
財務応援R4の概要
用途と機能高速入力を支援するさまざまな機能を備えた企業向け会計ソフト
特徴振替伝票や入出金などの伝票形式、現金出納帳や売掛帳といった帳簿入力形式などに対応する。システムの知識や会計知識の有無に関わらず、簡単に伝票入力が可能。
税別価格Premium版は300万円から、Lite+版は150万円から

「会計ソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]