タブレット IDC Japan

法人向けタブレット、2015年の出荷台数は253万台--金融業と医療福祉がけん引

IT専門調査会社IDC Japanは、法人向け全体のタブレット出荷台数は2015年に253万台を見込み、2014年~2019年の年平均成長率(CAGR)は12.2%になると予測している。

 IT専門調査会社IDC Japanは1月28日、国内タブレットソリューション市場の予測を発表した。同社のリポート「国内タブレットソリューション市場予測、2015年~2019年:産業分野別タブレット出荷台数とソリューション売上額」によると、法人向け全体のタブレット出荷台数は2015年に253万台を見込み、2014年~2019年の年平均成長率(CAGR)は12.2%になると予測している。

 また、2015年のタブレットソリューションの売り上げ額は、1兆1974億円になると見込まれ、2014年~2019年のCAGRは13.8%としている。2015年の売り上げ額を初期投資と年間運用費に分けた場合では、初期投資額は2649億円、年間運用費は9325億円になると見込んでいる。

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]