アクセンチュア

経営層の大多数が成長投資とコスト削減のバランスに苦心している--アクセンチュア調査

米国アクセンチュアは1月12日、同社が約700人の上級役職者を対象とした経営課題に関する調査結果を発表した。82%の回答者は「コスト削減によって捻出した資金を、自社の成長分野に投資したい」と考えている一方で、大多数は「成長戦略とコスト削減の足並みが揃っていない」と考えていることが明らかになったという。

 米国アクセンチュアは1月12日、同社が約700人の上級役職者を対象とした経営課題に関する調査結果を発表した。82%の回答者は「コスト削減によって捻出した資金を、自社の成長分野に投資したい」と考えている一方で、大多数は「成長戦略とコスト削減の足並みが揃っていない」と考えていることが明らかになったという。

コスト削減と投資の関係、CEOとCFOに温度差

 調査から、「自社の経営幹部はコストの削減目標を達成するために適切な施策を進めている」と考えている回答者は21%、「自社はコスト削減効果を維持できていると思う」と答えた回答者は36%に留まった。

 また、「自社は組織の価値向上につながっていない活動や投資を常に精査した上で打ち切っている」と答えた回答者は23%で、「コスト削減によって捻出した資金が、自社の事業戦略に沿って使われている」との回答は3分の1未満(30%)、「自社は、一貫して事業戦略を実行できるように組織を順応させたり、成長や収益につながる活動に経営資源を集中させたりすることを可能にするような柔軟なオペレーティングモデルを持っている」と答えた回答者は4分の1未満(24%)だった。

 こうした状況を招いている一因として、アクセンチュアでは最高経営責任者(CEO)と最高財務責任者(CFO)間の認識の相違が考えられるとしている。約半数(51%)のCEOが「自社は組織の価値を高める活動に優先して経営資源を投資している」と答えたのに対し、同様に答えたCFOは34%と、温度差があるという結果が出た。

 また70%のCEOが「コスト削減によって捻出した資金の再投資先の精査を行い、その効果測定を行っている」と答えたのに対し、同様に答えたCFOは49%に留まった。さらに、20%のCEOが「優先する再投資先は、短期で投資効果を得られる分野」であると認める一方、同様に答えたCFOの割合は30%だった。

 アクセンチュアは、「コスト削減自体が目的とならないためには、経営者は捻出した資金を成長分野に振り向けたいという“意向”を持つだけでなく、あらかじめ自社の成長を促進させる要因と阻害する要因、そして資金の再投資先となる施策について明確な“意思”を持つべき」と指摘する。

デジタル分野への投資が重要という認識は一致

 これに対しデジタル分野への投資については、意見の一致が見られた。54%以上の回答者はデジタル分野への投資を既に行っており、61%は「テクノロジをさらに活用できれば、自社におけるオペレーティングモデルの運用コストを半減できる」と回答。また、85%の回答者が「デジタル事業は戦略的な成長を実現させる要因である」と答えていることに加え、82%は「デジタル戦略が新しいオペレーティングモデルを可能にする」と回答している。

残り本文:約514文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan