クラウドストレージ ファイル共有 グーグル

Google Drive for work:容量無制限のクラウドストレージ--管理機能も充実

企業向けクラウドストレージの「Google Drive for work」は、データの保存容量が無制限であるほか、管理者向け機能やセキュリティの強化が図られている。PCやスマートフォン、タブレットなどの端末からアクセス可能。

 グーグルの「Google Drive for work」は、企業向けのクラウドストレージサービスである。データの保存容量が無制限であるほか、管理者向け機能やセキュリティの強化が図られている。

 業務で使用するファイルやフォルダ、バックアップをクラウドで無制限に保存できる。クラウド上にあるファイルには、PCやスマートフォン、タブレットなどからアクセスできるため、作業中のデータに必要なときにいつでもアクセスできる。

 管理者向けには、ユーザー管理、携帯端末管理による端末のセキュリティ保護、共有権限を設定できるほか、監査とレポート機能を備える。デバイスとデータセンター、データセンター間でのデータ転送や、携帯端末へのデータ保存の際にはデータを暗号化する。

 Google Drive for Workと同社のデータセンターは、SSAE 16/ISAE 3402 Type II, SOC 2やISO 27001、Safe Harbor Privacy Principlesなどのセキュリティ基準を満たし、FISMA(米連邦情報セキュリティマネジメント法)やFERPA(家族教育の権利とプライバシー法)、HIPAA(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)といった地域や業種による規制に対応する。

 Google検索の機能を用いたファイル検索では、画像や手書きメモのPDFファイルの検索もできる。画像や文書などのデータを対象にした、米国での裁判で対応が求められる電子証拠開示(eディスカバリ)にも使える。アーカイブサービス「Google Apps Vault」を利用して、ドライブ内のコンテンツを検索したりエクスポートしたりできる。

 共有ファイルの更新情報の自動記録機能や、ドキュメントやファイルを以前の状態に戻せるバージョン管理機能などを備える。仕事のデータを安全に保つための機能を利用しながら、仕事用のアカウントと個人アカウントをシームレスに切り替えて利用できる。

Google Drive for workの管理画面
Google Drive for workの管理画面(Google提供)
Google Drive for workの概要
用途と機能インターネット上のストレージサービス「Google Drive」の企業向けサービス
特徴データの保存容量を無制限にしたほか、管理機能やセキュリティを強化。Googleのデータセンターネットワークにより、99.9%の稼働率で24時間365日のデータアクセスを実現する。
クライアント環境Windows、Mac、iOS、Android
格納データ容量無制限(5ユーザー未満のアカウントではユーザーあたり1TB)
税別価格月額ユーザーあたり1200円
発表日2014年6月25日

「クラウドストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]