クラウドストレージ ファイル共有 グーグル

Google Drive for work:容量無制限のクラウドストレージ--管理機能も充実

 グーグルの「Google Drive for work」は、企業向けのクラウドストレージサービスである。データの保存容量が無制限であるほか、管理者向け機能やセキュリティの強化が図られている。

 業務で使用するファイルやフォルダ、バックアップをクラウドで無制限に保存できる。クラウド上にあるファイルには、PCやスマートフォン、タブレットなどからアクセスできるため、作業中のデータに必要なときにいつでもアクセスできる。

 管理者向けには、ユーザー管理、携帯端末管理による端末のセキュリティ保護、共有権限を設定できるほか、監査とレポート機能を備える。デバイスとデータセンター、データセンター間でのデータ転送や、携帯端末へのデータ保存の際にはデータを暗号化する。

 Google Drive for Workと同社のデータセンターは、SSAE 16/ISAE 3402 Type II, SOC 2やISO 27001、Safe Harbor Privacy Principlesなどのセキュリティ基準を満たし、FISMA(米連邦情報セキュリティマネジメント法)やFERPA(家族教育の権利とプライバシー法)、HIPAA(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)といった地域や業種による規制に対応する。

 Google検索の機能を用いたファイル検索では、画像や手書きメモのPDFファイルの検索もできる。画像や文書などのデータを対象にした、米国での裁判で対応が求められる電子証拠開示(eディスカバリ)にも使える。アーカイブサービス「Google Apps Vault」を利用して、ドライブ内のコンテンツを検索したりエクスポートしたりできる。

 共有ファイルの更新情報の自動記録機能や、ドキュメントやファイルを以前の状態に戻せるバージョン管理機能などを備える。仕事のデータを安全に保つための機能を利用しながら、仕事用のアカウントと個人アカウントをシームレスに切り替えて利用できる。

Google Drive for workの管理画面
Google Drive for workの管理画面(Google提供)
Google Drive for workの概要
用途と機能インターネット上のストレージサービス「Google Drive」の企業向けサービス
特徴データの保存容量を無制限にしたほか、管理機能やセキュリティを強化。Googleのデータセンターネットワークにより、99.9%の稼働率で24時間365日のデータアクセスを実現する。
クライアント環境Windows、Mac、iOS、Android
格納データ容量無制限(5ユーザー未満のアカウントではユーザーあたり1TB)
税別価格月額ユーザーあたり1200円
発表日2014年6月25日

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan