会計ソフト

大蔵大臣NX:振替伝票のような画面で初心者でも使える手書き感覚の会計ソフト

会計ソフトの「大蔵大臣NX」は、初心者には手書き感覚で親しみやすく、熟練者には高速で快適な操作性を提供する。伝票入力と同時に財務諸表が完成する仕組みやセキュリティ機能が充実している。

 応研の「大蔵大臣NX」は、初心者から熟練者まで幅広いニーズに対応する会計ソフトだ。振替伝票を模した入力画面は、初心者には手書き感覚で親しみやすく、熟練者には高速で快適な操作性を提供する。

 伝票入力が終わると同時に、全ての財務諸表が自動で完成する仕組みになっている。必要な資料をメニューから選ぶだけで帳票画面を表示できる。期間は1日〜1年間まで指定でき、科目や事業条件などを自由に設定して財務諸表を出力できる。

 支払先と得意先別の管理、手形の管理、売掛と買掛管理などの機能も備える。給与支払いや家賃支払い、リース料支払いなど、定期的に発生する仕訳の予約起票、設備投資、借入、返済を登録すると、資金繰りの予定を一目で確認できる。

 入力担当者の部門を制限することでセキュリティも強化できる。データやメニューごとのアクセス制限も可能だ。

大蔵大臣NXの画面
大蔵大臣NXの画面(応研提供)
大蔵大臣NXの概要
用途と機能初心者から熟練者まで幅広いニーズに対応する対応する会計ソフト
特徴振替伝票を模した入力画面は、初心者には親しみやすく熟練者には高速で快適な操作性を提供する。伝票入力と同時に全ての財務諸表が自動で完成する
税別価格スタンドアロン版は20万円、ピアツーピア版は35万円、Microsoft SQL Serverを使うLANPACK版は2クライアントで40万円
導入企業加登屋、山王テクノアーツ

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]