NAS SAN フラッシュストレージ

2016年の重要なストレージ関連トレンド--10項目をピックアップ

企業における大小さまざまなデータの保存方法は、2016年に多くの変化が見られる。特に重要な動向を解説しよう。

 2016年に入った現時点で、ストレージに関するさまざまな変化を目にしている。データセンターの管理者は、2016年におけるストレージ関連の企業戦略と購入に影響するであろうこうしたトレンドに、注意を払うことになる。

1.コールドストレージとアーカイブ処理

 企業にとって、保存を要する構造化および非構造化データの絶え間ない流れに追従可能なアーカイブ処理とコールドストレージは、割と当たり前のものだ。むしろ、欠かすことはできない。コールドストレージは、アクセス頻度が極めて低いデータを安全に保管するのに安上がりな手段だ。この場合、データは安価で低速なディスクに保存され、データセンターのストレージメディアにかかるコストを抑制できる。かつて、企業においてアーカイブ用ストレージを計画する作業の優先度は、せいぜい上から2番目だった。2016年の現在、この考えは通用しなくなる。

2.ハイブリッドクラウドに集約されるストレージ

残り本文:約2451文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. なぜ貴社にはまだオンプレミスが残っているのか?ビジネス全体をクラウドへ安全に移行するための7つのカギ
  3. アプリ管理、デバイス管理、セキュリティ対策……忙しすぎる情シス向け「これだけはやっとけ」リスト
  4. サービスビジネスへのシフトを失敗させないために押さえるべき「3つの課題」の解決策とは
  5. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]