PBX 沖電気工業

百五銀、1300台の内線網をSIP-PBXで刷新--132支店をVoIPで接続

百五銀行は、新本館ビルに設置した約1300台の内線端末を集中管理し、支店と出張所132カ所ともVoIP技術で接続する大規模内線ネットワークシステムを構築。SIP-PBX製品を基盤としている。

 百五銀行(三重県津市)は、新本館ビルに設置した約1300台の内線端末を集中管理し、支店と出張所132カ所ともVoIP技術で接続する大規模内線ネットワークシステムを構築した。沖電気工業(OKI)は1月26日、西日本電信電話(NTT西日本)と共同で納入したことを発表した。

 百五銀行は中期経営計画「進化への羅針盤2015」で生産性の向上や顧客満足度(CS)の向上を大きなテーマに掲げ、行内全体のシームレスなコミュニケーション環境の構築を検討してきた。また、大規模な災害発生を想定した事業継続計画(BCP)体制の整備と構築、顧客と行員のより一層の安心安全を確保するため、免震構造を取り入れた2つの新本館ビルの建設を進め、岩田本店棟(津市岩田)が2015年9月24日に、丸之内本部棟(津市丸之内)が2016年1月12日にそれぞれ稼働を開始した。

残り本文:約909文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  5. 「HCIってなに?」─いまさら聞けない特徴・よくある質問・効果的な活用法etc…全部答えます!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]