文書管理

DocValue:契約書などを効率的に管理する文書情報管理サービス--e-文書法に対応

文書情報管理サービスの「DocValue」は、契約書や領収書、帳簿を電子化し、イメージファイル形式で一括管理する。長期保管が必要な書類の管理を効率化する。「e-文書法」や「電子帳簿保存法」にも対応している。

 トッパン・フォームズの「DocValue」はクラウド型の文書情報管理サービスだ。契約書や領収書、企業内帳簿ファイルなど長期保管が必要な書類を電子化し、イメージファイル形式で一括管理する。

 電子化された文書情報や画像データをクラウド環境に保存し、タイムスタンプを活用して「e-文書法」や「電子帳簿保存法」に適応した形式で長期保管する。クラウド上に保存することで書類の保管費用や倉庫までの運搬費用を削減できる。

 保存した文書や文書を登録しているフォルダの状態を監視する機能もある。「指定した文書の状態が変化した」「指定の期日になった」「フォルダの文書数が指定した数になった」といった、あらかじめ設定した条件で通知する機能があるため、更新が必要な文書の処理漏れなどを防げる。

 スキャニングやデータ入力などによる文書情報の電子化は、同社がビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービスとして請け負う。拠点に人員を派遣するオンサイトと、同社センターで処理する方式から選べる。

DocValueの概要
用途と機能クラウド型の文書情報管理サービス
特徴契約書や領収書、企業内帳簿ファイルなど、長期保管が必要な書類を電子化し、イメージファイル形式で一括管理する。保存文書やフォルダ状態を監視する機能もある。通知機能で更新が必要な文書の処理漏れなどを防げる

「文書管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]