CRM ナレッジスイート

GEOCRM.com:“顧客カルテ”で見込み客を育成するSaaS型CRM、位置情報も活用

SaaS型の顧客関係管理(CRM)システムの「GEOCRM.com」は、“顧客カルテ”を完成させていくことで見込み客を育成できる。フィールドナーチャリングとして、位置情報も効率的に活用できる。

 ナレッジスイートの「GEOCRM.com」は、SaaS型の顧客関係管理(CRM)システムである。営業担当者が顧客への訪問時にヒアリングシートを入力して顧客カルテを更新することで“見込み顧客”を育成できる。

 営業担当者は、あらかじめ設定したヒアリング項目を日々の営業活動で聞き込み、埋めていくことで顧客カルテを完成させていく。顧客は訪問履歴から現在の状況や訪問経過日数などに応じて地図上で色別に表示されるため、訪問すべき見込み顧客を容易に把握できる。

 訪問回数を重ねたことにより顧客カルテが充実してくると、契約満了までの残り日数や競合製品の導入状況、次回導入検討の有無など、設定したヒアリング項目に沿った検索が可能になる。

 “フィールドナーチャリング”をうたう製品であるため、スマートデバイスでの使用を想定した機能も豊富である。アプリには、現在地から近辺の顧客や営業情報をプッシュ表示する機能や、圏外であっても位置情報や報告情報などを端末に一時保存する機能などがある。

GEOCRM.comの画面
GEOCRM.comの画面(ナレッジスイート提供)
GEOCRM.comの概要
用途と機能SaaS型のCRMシステム
特徴営業担当者が顧客への訪問時にヒアリングシートを入力して顧客カルテを更新することで“見込み顧客”を育成できる。フィールドナーチャリングとして、GPSでの位置情報を効率的に活用できる仕組みとなっている
導入企業ベルツリー、キングプリンターズ

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan