マーケティング

2015年ホリデーシーズンのメールマーケティング活用、前年比で大幅拡大

 マーケティング情報サービスを手がけるExperianは、2015年ホリデーシーズン(感謝祭から年末にかけての期間)のレポート「Holiday Hot Sheet: Insights for the Holiday Marketer」(PDF文書)を公開し、その中でマーケティングメールの使用状況に関する調査結果を発表している。それによると、同シーズンを含む2015年10月1日~12月31日のメール本数は、前年の同じ時期に比べ24.8%増えている。Experianは、メールがやはり有益な販促ツールであると見なされていることが明らかになったとしている。

小売分野におけるメール本数の増加率
小売分野におけるメール本数の増加率(出典:Experian)

 メール総数が増えただけでなく、メールのユニーク開封件数も19%増、ユニーククリック件数も10%増、トランザクション件数も20%それぞれ増加していた。こうした現象について、Experianは「小売業者は、データを取り入れて、よりパーソナライズされた関連性のあるメールを作成する手法を数多く編み出した。その結果、メールの総数とトランザクションが増えた」と説明する。

 モバイルショッピングも増加し続けているようだ。同レポートによると、ホリデーシーズンのピーク時期に小売業者からモバイルデバイスへ送られたメールのクリック率は、2014年に比べ7%増えていた。

 さらに、マーケティングでSMSメッセージを重視する傾向も変わらず続いている。こうしたテキストメッセージの88%には、送料無料や割引クーポンといった何らかの特典が掲載されており、55%が割引を案内していた。

SMSメッセージで案内された特典の割合
SMSメッセージで案内された特典の割合(出典:Experian)

 オンラインショッピングがもっとも多かったのは、2014年はサイバーマンデー(感謝祭翌週の月曜日)だが、2015年は感謝祭の当日に変わった。ただし、メールの数とそれにともなう取引がもっとも多かったのは、前年同様サイバーマンデーだった。そのほかにメール本数やトランザクションの多かった日は、ブラックフライデー(感謝祭翌日の金曜日)、ブラックフライデー後の週末、感謝祭の前日だった。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan