PaaS レッドハット

OpenShift Dedicated:Red HatのAWSベースPaaSに新たな利用モデルを提供

OpenShift Dedicatedは、米Red Hatが提供する、エンタープライズITの開発チームを対象とする新しいクラウドベースのサービス。

 OpenShift Dedicatedは、米Red Hatが提供する、エンタープライズITの開発チームを対象とする新しいクラウドベースのサービス。すべてのAmazon Web Services(AWS)ホスティングリージョンのRed Hatユーザーに対して全世界で提供しており、AWSの東京リージョンでも12月15日に開始した。今後も、その他のパブリッククラウド向けにサポート範囲を拡大する。

 今回のOpenShift Dedicatedの提供開始により、Red HatのPaaS「OpenShift」に、以下のような第3の消費モデルが誕生するとしている。

  • OpenShift Enterprise:自社で選択したオンプレミスまたは認定クラウドプロバイダ上で、OpenShift インスタンスを導入し、管理したい組織向けに設計された製品。
  • OpenShift Online:AWS上にホスティングされたマルチテナント環境を利用して、パブリッククラウド内のサービスとして、OpenShiftにアクセスすることを希望する個々の開発者またはチーム向けの製品
  • OpenShift Dedicated:AWS上で動作するOpenShiftインスタンスのデプロイ、管理、およびサポートにRed Hatの技術を使用したいエンタープライズIT組織向けの最新製品

 OpenShift Dedicatedは、7月に提供を開始したOpenShift Enterprise 3.1のDockerコンテナとKubernetesオーケストレーション技術を含む。個々の開発者がRed Hatのサポート付き共有パブリッククラウドでアプリケーションの構築、立ち上げ、ホスティングを実施するためのRed Hat製品「OpenShift Online」を基盤としている。

 OpenShift Dedicatedの基本パッケージは、隔離されたシングルテナントと、100GBのSSDベースのストレージ、48TBのネットワークiops、コンテナベースのアプリケーションを導入するための9つのノードからなるリソースプールを含む。

 システム管理とセキュリティ制御によって、個々のユーザーが自社のクラウド環境をカスタマイズでき、VPNとAmazon Virtual Private Cloud(VPC)機能を使用して、より安全にアクセスすることが可能。また、OpenShift Dedicatedを使用すると、OpenShift上で開発/デプロイされるアプリケーションから、Red Hat JBoss Middlewareのコンテナに最適化したサービス、統合、およびビジネスプロセス機能へのアクセスも可能となる。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan