マーケティング ガートナージャパン

IT部門とマーケティング部門の密接な連携が必要--ガートナー調査

ガートナー ジャパンは1月25日、日本国内における最高マーケティング責任者(CMO)に関する調査結果およびIT投資をめぐる組織への影響についての見解を発表した。

 ガートナー ジャパンは1月25日、日本国内における最高マーケティング責任者(CMO)に関する調査結果とIT投資をめぐる組織への影響についての見解を発表した。日本企業においてCMOもしくはそれに相当する役員を社内に有する企業の割合は2015年11月時点で39.9%となり、2014年調査の29.8%から増加した。

 この結果は、デジタルマーケティングに代表されるように、デジタルの勢いが国内におけるマーケティング業務の変革を促進し、専門特化した組織と責任者の必要性が強く認識されるようになった結果だと考えられるという。

日本国内における最高マーケティング責任者(CMO)あるいはそれに相当する役員の存在(ガートナー提供)
日本国内における最高マーケティング責任者(CMO)あるいはそれに相当する役員の存在
(ガートナー提供)

 一方で、ガートナーが実施した別の調査からも、これまでITを活用してCRMなどの顧客関連施策に取り組んできた担当者が、「ITとマーケティングの組織的連携や役割分担の明確化が最重要課題である」と考えていることが明らかとなっている。

 ガートナーでは、こうした必要性や課題の背景として、マーケティング業務にデジタルテクノロジを採用する際に、予算の確保や実装・運用方法などをめぐって部門間での摩擦が起こるようになっているとみている。

 ガートナー ジャパン リサーチ部門 主席アナリストの川辺謙介氏は、次のようにコメントしている。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan