ウイルス対策 情報処理推進機構

不正プログラム検出数が倍以上に--IPA調査

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)技術本部 セキュリティセンターは1月25日、2015年第4四半期(10月~12月)のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況について公表した。

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)技術本部 セキュリティセンターは1月25日、2015年第4四半期(10月~12月)のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況について公表した。

 それによると、今四半期は不正プログラムの検出数が12万019個となり、前四半期(7~9月)の5万8412個から倍以上に増えている。

不正プログラム検出数の推移(IPA提供)
不正プログラム検出数の推移(IPA提供)

 今四半期に最も多く検出された不正プログラムはDownloaderで、検出数は全体の約48.3%を占め、前四半期の2万650個に比べ約2.8倍となる5万7932個となっている。また、今四半期に最も検出数増加の割合が多かったのはBancosで、前四半期の488個に比べ約14.1倍の6903個となった。一方、Backdoorは2015年第2四半期(4~6月)から検出数の減少傾向が続いている。

 一方、ウイルスは今四半期の届出件数564件(うちウイルス感染被害があった届出は2件)で、検出数は2080個となり、第3四半期の3770個、第2四半期の1万3683個から大きく減少している。

 また2015年通年でみると、ウイルス届出件数は前年の5014件より2056件(約41.0%)少ない2958件、検出数は前年の8万3028個より5万5457個(約66.8%)少ない2万7571個、不正プログラム検出数は前年の38万625個より4万2889個(約11.3%)少ない33万7736個と、いずれにおいても減少傾向となっている。

ログインして続きを読んでください。

「ウイルス対策」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]