ウイルス対策 情報処理推進機構

不正プログラム検出数が倍以上に--IPA調査

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)技術本部 セキュリティセンターは1月25日、2015年第4四半期(10月~12月)のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況について公表した。

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)技術本部 セキュリティセンターは1月25日、2015年第4四半期(10月~12月)のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況について公表した。

 それによると、今四半期は不正プログラムの検出数が12万019個となり、前四半期(7~9月)の5万8412個から倍以上に増えている。

不正プログラム検出数の推移(IPA提供)
不正プログラム検出数の推移(IPA提供)

 今四半期に最も多く検出された不正プログラムはDownloaderで、検出数は全体の約48.3%を占め、前四半期の2万650個に比べ約2.8倍となる5万7932個となっている。また、今四半期に最も検出数増加の割合が多かったのはBancosで、前四半期の488個に比べ約14.1倍の6903個となった。一方、Backdoorは2015年第2四半期(4~6月)から検出数の減少傾向が続いている。

 一方、ウイルスは今四半期の届出件数564件(うちウイルス感染被害があった届出は2件)で、検出数は2080個となり、第3四半期の3770個、第2四半期の1万3683個から大きく減少している。

 また2015年通年でみると、ウイルス届出件数は前年の5014件より2056件(約41.0%)少ない2958件、検出数は前年の8万3028個より5万5457個(約66.8%)少ない2万7571個、不正プログラム検出数は前年の38万625個より4万2889個(約11.3%)少ない33万7736個と、いずれにおいても減少傾向となっている。

残り本文:約169文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan