クラウド SaaS セキュリティ 三菱電機ビジネスシステム

役職変われば復号不可--関数型暗号を活用したファイル共有サービス

ファイル共有サービスの「パッケージプラス トランスポーター」は、関数型暗号技術を活用。所属や役職が変われば、複合できない仕組みとなっている。

 三菱電機ビジネスシステムは1月25日、「関数型暗号」技術とクラウドサービスを利用したファイル共有サービス「パッケージプラス トランスポーター」の提供を開始した。企業間で機密情報を安心、安全にやり取りすることができる。

概要イメージ図
概要イメージ図(三菱電機ビジネスシステム提供)

 機密情報や個人情報の漏えいや改ざんは、ひとたび発生すると企業経営の根本を揺るがしかねない深刻な社会問題へと発展するケースが少なくない。その一方で、これまでの紙や電子メディアで処理されてきた企業間のデータ受け渡し業務は、ネットワークでのファイル共有サービスの利用が急速に高まりつつある。

 パッケージプラス トランスポーターは、同社の関数型暗号を用いて暗号文のアクセス権限を制御する機能を暗号文自体に取り込んでいる。仮に復号のための鍵を持っていても、人事異動などで所属や役職といった属性が変われば、復号できなくなるようになっている。同社のクラウドサービス「DIAPLANET」で提供する。

関数型暗号イメージ
関数型暗号イメージ(三菱電機ビジネスシステム提供)

 主な機能は次の通り。

  1. ファイルのアップロード、ダウンロード、削除
  2. ファイルの暗号化、復号
  3. ファイル交換のログ参照
  4. ダウンロード通知、自動ダウンロード
  5. ファイル交換の相手先設定
  6. 利用者名、相手先名の変更
  7. 変更ログの参照

 税別価格は5ユーザー単位で月額4000円から。動作環境は、「Windows 7/8.1/10」「Windows Server 2008 R2/2012/2012 R2」。「Microsoft .Net Framework 4.6」が必要。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]