PBX

MAHO-PBX:基本機能に加えて、電話会議やファクスにも対応のIP-PBXシステム

IP-PBXシステムの「MAHO-PBX」は、短縮ダイヤルや保留などの基本機能に加えて、ブラックリストによる着信拒否やボイスメールによる留守番電話、外線転送、電話会議などの機能を備える。

 まほろば工房の「MAHO-PBX」シリーズは、企業内の電話で活用される構内交換機(PBX)の機能をTCP/IPネットワーク上で担うIP-PBXシステム。アプライアンス製品に加えて、IP-PBX機能をクラウド環境で利用するための「MAHO-PBX Cloud」も提供している。

 短縮ダイヤルやコールパーキング(保留)などの基本機能に加えて、ブラックリストによる着信拒否やボイスメールによる留守番電話、外線転送、ファクス、受信したファクスのメール送信、電話会議などの機能を備える。通信プロトコル「SIP」(Session Initiation Protocol)に対応したIP電話機を利用できるので、同社推奨の電話機以外でもスマートフォンの電話アプリや構内放送用のページング装置と連動して通話することも可能だ。

 アプライアンス製品は、小規模オフィス向けの「MAHO-PBX EntryII」、中小規模オフィス向けの「MAHO-PBX Office」、中規模オフィス向けの「MAHO-PBX Enterprise Standard」、冗長化やカスタマイズに対応した大規模オフィス向けの「MAHO-PBX Enterprise Premium v2」の4モデルがある。

 MAHO-PBX Cloudはアプライアンス製品を仮想化し、クラウド事業者向けのテンプレートを提供するサービス。2016年1月時点では「BIGLOBEクラウドホスティング」と「ニフティクラウド」に対応する。全国の拠点を一元管理するプライベートクラウドのIP-PBXシステムも構築できる。

 仮想化ソフト「VMware ESX」でIP-PBXを稼働するために、OVF(Open Virtualization Format)形式のファイルを提供する。これを利用すればクラウド事業者がIP-PBXサービスを提供できるようになる。

MAHO-PBXのアプライアンス製品
MAHO-PBXのアプライアンス製品(まほろば工房提供)
MAHO-PBXの概要
用途と機能中小企業から大企業、クラウド事業者までをカバーするIP-PBX
特徴短縮ダイヤルやコールパーキング(保留)などの基本機能に加えて、ブラックリストによる着信拒否やボイスメールによる留守番電話、外線転送、FAX、受信したFAXのメール送信、電話会議などの機能を備える。SIP対応のIP電話機を利用できる

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan