文書管理 NEC

広島県の放射線治療センター、SaaS型電子カルテサービスで診療データを共有

広島県立広島がん高精度放射線治療センター(HIPRAC)は、SaaS型電子カルテサービスを導入し、同センターと連携する4つの病院間で患者の診療データの共有を実現した。

 広島県立広島がん高精度放射線治療センター(HIPRAC)は、SaaS型電子カルテサービスを導入し、同センターと連携する4つの病院間で患者の診療データの共有を実現した。電子カルテサービスを提供するNECが1月22日、発表した。

 広島県が設立し、広島県医師会が運営するHIPRACは、広島大学病院、県立広島病院、広島市立広島市民病院、広島赤十字・原爆病院の4つの基幹病院、およびその他の医療機関などから紹介されたがん患者に対して、高精度放射線治療を実施する専門センター。

 既存の医療機関で検査・診断が行われている患者をHIPRACで治療し、治療後の患者のフォローアップは紹介元の病院が行うため、HIPRACと医療機関で患者の治療状況を共有する必要があったという。

 そこで今回、HIPRACはNECのSaaS型電子カルテサービス「MegaOakSR for SaaS」を導入し、4基幹病院と共同利用することにより、患者の診療データの共有を実現した。

 MegaOakSR for SaaSは、主に100床未満の病院向けに電子カルテや医療事務などの機能を、セキュアなクラウド環境を通して提供するサービス。そのためHIPRACの職員は、電子カルテの運用管理や医療事務の改訂作業などに労力をかけることなく、放射線治療の実務に専念することができる。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 「オフィスにいなくても仕事ができる」は「24時間仕事をしろ」ではない!VDI導入の本当の恩恵

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan