RDBMS NoSQL その他データベース BI

2016年に注目すべき5つのデータ関連トレンド

ビッグデータが企業分野でついに本領を発揮し、拡大を続けている。2016年においてビッグデータを規定するであろうトレンドを紹介する。

 技術に干支というものがあるなら、2015年はビッグデータ年になっていただろう。

 企業が意思決定のためにあらゆる形式のデータを使うようになればなるほど、消費者は、企業のデータによって自らの生活と習慣をより詳しく知ることになる。

 こうした動きのなかで、2016年は情報経済にとって重大な1年になるだろう。本記事では、2016年に注目されると思われる、データ利用に関する5つのトレンドを紹介する。

1.企業の資産としてのデータ

 データの理論上の価値を認識することと、その価値にもとづいて行動することは別物だ。GartnerのDoug Laney氏によると、企業はこれまで口先でそう発言してきたが、収集/生成/管理/配信方法の面でデータを資産とみなす態度をとっていないという。ただし、データを資産と考える企業が増えており、状況は変わりつつある。

残り本文:約2302文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 施行まで1年を切ったGDPR--対応のポイントと企業が行うべき準備

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan