経費精算・旅費精算 スミセイ情報システム

皆伝!ワークフロー:業務の効率化と経費の見える化を図る経費精算システム

旅費経費精算システムの「皆伝!ワークフロー」は、入力や承認の支援機能や、会計システムとの連携機能などにより、申請から承認、基幹業務連携、分析までをサポート。業務の効率化だけでなく、経費の利用状況の把握を可能にする。

 スミセイ情報システムの「皆伝!ワークフロー」は、旅費などの申請と承認業務を効率化する経費精算システムである。入力や承認の支援機能や、会計システムとの連携機能などにより、申請から承認、基幹業務連携、分析までをサポート。業務の効率化だけでなく、経費の利用状況の把握を可能にする。NTTデータイントラマートのシステム基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する。

 カスタマイズ機能により独自の申請書を簡単に作成したり、チケット手配サービスやクレジットカードと連携したりできる。ビジネスインテリジェンス(BI)ツールと連携することで経費を見える化し、透明性を向上させる用途にも利用できる。

 入力や承認を支援する機能として、過去伝票のコピー機能、路線検索ソフト「駅すぱあと」との連携、モバイル端末による承認、会計期間とのチェック機能などを備える。申請者が勘定科目を意識する必要がないため誤入力が減り、承認者のチェックの負担が軽減。路線検索ソフトとの連動により、申請内容の正確性と適正性を保証できるようになる。

 ほかに、チケット手配サービス連携、クレジットカード請求データ連携、交通系ICカード連携、複合機連携、証憑バーコード受付などの機能を備える。複合機連携では、精算申請とひもづいたQRコードを領収書台紙に印刷し、それをスキャンすることで精算申請に自動でひもづけできる。証憑バーコード受付では、精算申請とひもづいたバーコードを領収書台紙に印刷することで、経理部門で台紙受理時にバーコードリーダで帰着管理ができる。

皆伝!ワークフローの画面
皆伝!ワークフローの画面(スミセイ情報システム提供)
皆伝!ワークフローの概要
用途と機能旅費経費の申請と承認業務を効率化する旅費経費精算システム
特徴入力や承認の支援機能や会計システムとの連携機能などにより、申請から承認、基幹業務連携、分析までをサポート。業務の効率化だけでなく、経費の利用状況の把握を可能にする
導入企業日本ベーリンガーインゲルハイム、ハウス食品、富士フイルムコンピューターシステム、など

「経費精算・旅費精算」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]