SFA エーエスピーコム

InfAjast ES3:グループウェア基盤にCRM/SFAの必要な機能を組み合わせ

営業支援システムの「InfAjast ES3」は、グループウェア機能を中核に、CRMとSFAの機能を必要にあわせて組み合わせられる。顧客情報管理や商談管理などの機能は別途ユーザーライセンスが必要になる。

 エーエスピーコムの「InfAjast ES3」は、顧客関係管理(CRM)や営業支援(SFA)、グループウェアの機能を統合した営業支援システムである。グループウェア機能を中核に、CRMとSFAの機能を組み合わせられる。オンプレミス版に加えて、SaaS版も提供する。HTML5対応ブラウザから利用できる。

 グループウェア機能は、スケジュール管理、ToDo、カレンダー、施設予約、電話メモを搭載。顧客情報管理、日報管理、商談管理、勤怠管理、ワークフロー、分析グラフなどのCRM/SFA機能も追加できが、別途ユーザーライセンス料金がかかる。

 顧客情報管理は、(1)取引先と見込み客を一元管理する「顧客管理」、(2)顧客と関連する案件や行動予定、電子メール、日報、スケジュール、電話メモなどを顧客にひもづけて管理する「顧客履歴」、(3)顧客とどんなペースでコンタクトを取って、どんな活動をしているかを管理する「コンタクト状況」、(4)ルートセールスや電話営業の際に、どのような顧客に接触するかという計画を作成、管理する「アタックリスト」、(5)電話メモを顧客の履歴情報にひもづけて管理する「電話メモ(顧客連動)」、(6)商品をさまざまな切り口で管理可能な「商品」などの機能を備える。

 分析グラフオプションを導入すれば、案件金額の推移などを顧客別、事業所別、部署別、担当者別などの切り口でグラフ化する「目標設定」機能や、システム内のデータを棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフでレポートする「分析グラフ」機能が利用できる。

 サーバの動作環境は、OSが「Red Hat Enterprise Linux ES5/ES6」または「Windows 2008/2012」。データベースには「Oracle Database 11g/12c」が必要である。

InfAjast ES3の画面
InfAjast ES3の画面(エーエスピーコム提供)
InfAjast ES3の概要
用途と機能CRM/(SFA)とグループウェアの機能を統合した営業支援システム
特徴グループウェア機能を中核に、CRMとSFAの機能を組み合わせる選択型システム。オンプレミス版とSaaS版を提供する。HTML5対応ブラウザから利用できる
税別価格ベースシステムライセンス:新規ユーザーが年額5800円から、継続ユーザーが年額2900円から(いずれも1000ユーザー以上の場合)

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan