キヤノンマーケティングジャパン

Wi-Fi経由でワイヤレス接続できる小型プロジェクタ--キヤノンMJ

キヤノンMJの「ミニプロジェクター C-10W」は、Wi-Fi経由でモバイル端末などからワイヤレス投写できるほか、電源不要のバッテリ駆動も可能となっている。

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は1月21日、Wi-Fi経由でモバイル端末などからワイヤレス投写できる新製品「ミニプロジェクター C-10W」を2月上旬に発売すると発表した。オープン価格だが、市場想定価格は税別4万9800円。

 本体サイズは幅111mm×奥行き111mm、高さ17.2mm、重さは260gで携帯性に優れ、外出先のプレゼンテーションなどで使用するために手軽に持ち運びできる。Wi-Fiに対応し、ルータなどのアクセスポイント(AP)を経由して接続できるほか、APがない環境でもプロジェクタとスマートフォンなどを直接接続できる仕組みとなっている。

ミニプロジェクター C-10W
ミニプロジェクター C-10W(キヤノンMJ提供)

 バッテリを内蔵し、電源なしでの駆動時間は約1.5時間。輝度100ルーメンのLED光源を採用することで約1万時間の長寿命を実現し、毎日5時間使用しても約5年間はメンテナンス不要だとしている。

 キヤノンMJでは、2015年のビジネスプロジェクタの市場規模は、世界市場で約700万台、国内市場で約18.5万台と見込んでいる。2016年には、世界で約736万台、国内で約19万台と予想。今後は接続機器の高解像化に伴い、WUXGA(1920×1200画素)クラスの高解像度製品や、室内を暗くしなくても鮮明な映像を投写できる高輝度モデルが普及する一方で、スマートフォンやタブレットの普及とともにモバイル用途の市場成長が見込まれると分析する。

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]